忍者ブログ

ざい

なんだかんだで凄い日本の技術


2014年7月12日の日本経済新聞の朝刊に、希望が持てる記事がありました。裏の記事が目的で切り抜いてしまったので、一部しか記事が読めない状態なのですが、見えている部分だけで推測して記事を書こうと思います^^。“進む空洞化あらがう 中国の10分の1の人数で”という見出しの記事です。あらがう、意味は、相手の言うことを否定する。あらそう。ものづくり基盤を維持するために企業が取り組んでいることを探ったそうです。まずノートパソコンを作る富士通子会社の島根富士通。中将ノートパソコンの受注から出荷までのリードタイムは4~5日。
しかし島根富士通では2日前後で出荷できるのだそうです。社長の宇佐美さんのお話です。「日本でモノづくりを続けるため、とことん効率化を追求してきた」そうです。ねじ締めなど単純作業は極力ロボットなどを使って省力化し、1ラインの従業員は同業他社中国工場の10分の1の10~12人なのだそうです。

自己変革をヒプノセラピーで
自己変革や自己発見を期待するなら
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カテゴリー

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア